スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深キョンとは、もう呼べない「悪女の演技」!!

女優の深田恭子(27)がWOWOWで
11月放送予定の連続ドラマ「幻夜」で悪女に初挑戦する。

主人公の新海美冬役。
自分の欲望のために男をたぶらかし、
殺人まで犯させる恐ろしい女。


これまでの役とは対極で、
深田自身も
「今回の撮影で大人の立ち居振る舞いができるようになった」と成長を実感。

デビューから13年、あやしい魅力が漂い始めた深田。


もう深キョンとは呼べない?



「悪役って、実は根が優しかったりするじゃないですか。
でもこの美冬は違う。
美冬が何を考えているのか表情に出ないように気をつけてました」と深田。

その役作りは報われたようで、
スタッフからは「冷徹で不気味な感じが出ていた」と絶賛の声。

美冬に殺人を目撃されたことから
言いなりになる男役の塚本高史(27)も「

“愛してる”のせりふ一言で引き込まれてしまった

と感心しきりだ。

これまでは、おっとりとした“天然系”のイメージがあったが、
昨年、映画「ヤッターマン」で大胆な衣装で
ドロンジョを演じたことで評価が一新。

制作陣は「美冬も器用にこなしてくれると思った」
とキャスティング理由を説明。
全8話の撮影の終盤には「モニターを見ていて、
腹が立つほど憎らしい女性になっていた」といい、


スタッフ全員で成功を確信したという。

東野圭吾氏(52)による原作を
4年ほど前に読んでいた深田は、
自分なりのアイデアを持って現場入り。

「顔に1枚フィルターをかける感じで演じました。
初めての経験だった」という。

塚本を含め数人の男性とのベッドシーンもこなし、
刑事役の柴田恭兵(58)はその演技を
「ベッドシーンがなかった僕も
ラブシーンをやったような気分になったほどだった」


と評したそうだ。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/07/19/01.html

それにしても
ドロンジョを演じたあたりから

妖艶な色気みたいのが
で出来ましたね。

ま~
27歳ともなれば
だんだん熟してきます。

うっふ~ん
byナミ

関連記事

テーマ : 女優
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

Secre

旬の本&写真集
最新記事
カテゴリ
       


Add to Google
My Yahoo!に追加
フリーエリア
      


  • seo
      
お試しセット大好きな私